進路

山手の進路指導

未来を見すえた進路指導

進路指導部長 河村 修二 写真
進路指導部長
片山 真巨人

山手生は授業や部活動、北米研修プログラム、そして山手祭と充実した日々を過ごしています。高校2年の後半になるとお互いに感化し合い、早朝や放課後の教室で勉強する生徒が少しずつ増えていきます。山手学院では、生徒が主体的に勉強する姿勢が受け継がれています。それに加え、進路情報に精通した教員が一人ひとりにきめ細かな指導をし、生徒の学力向上に寄与しています。本校の進路指導は、大学に入学することが一番の目標ではなく、その先の未来をも見すえて行っています。受験当日に本来の力を出し切ることは難しいものですが、山手生はこれまで最大限の努力をしてきたという自信があるからこそ、本来の力を発揮でき、結果につなげられるのです。

学年ごとの進路指導

進路指導部や学年会が中心となって、以下のような学年ごとの指導を行っています。

山手の進路イメージ

1年

1. 自分の将来を考えさせる。

  • 進路選択や大学入試の概略説明(4月)
  • 保護者への説明(4月)
  • 1学期に、職業・学部学科内容の資料配布(6月)
  • 進路説明会(10月) ※「職業選択・この職業になるにはBOOKS」シリーズの貸し出しなど。

2. 学力調査

※実力テスト(9月、1月) *模擬2回(11月、1月)


2年

1. 文理クラスごとに、自分の将来を深く考えさせ、大学入試の全体像をつかませる。

  • 大学入試報告会(5月)
  • 学部学科内容の資料配布(5月~6月)
  • 大学入試の具体的な説明(10月~11月)
  • 保護者への説明(6月、11月)
  • 大学模擬講義(6月、11月)
  • センターテストの報告会(2月)
  • 受験関係図書の貸し出し(赤本、過去の入試問題集)

2. 学力調査

※実力テスト(9月、1月) *模擬3回(5月、11月、1月)


3年

1. 前年度入試総括と次年度展望を説明し、受験生としての意識を高める。

  • 資料配布、受験関係図書の貸し出し(年間)
  • 受験指導(年間)
  • 大学入試報告会(4月)
  • 大学説明会(6月、7月)
  • 保護者への説明(6月)
  • 推薦入試の募集及び学内選考(9月)…指定校・公募制・自己推薦
  • センターテスト説明会・出願(9月~10月)
  • 模擬面接指導(11月)

2. 学力調査

※実力テスト(9月) *模擬3回(5月、9月、10月)

Page Top:このページの先頭へ