国際交流

国際交流について

思い出づくりで終わらない

「世界を舞台に活躍でき、世界に信頼される人間」を育てるという目標を実現するためには、単に教室の中で世界について学ぶだけではなく、中学生・高校生という多感で柔軟な吸収力のある時期に、直接「世界」の中に飛び込み、体験することが必要だと考えています。山手学院に学ぶ全ての生徒にその機会を与えるのが、本校の国際交流プログラムです。中学3年でのオーストラリア・ホームステイ、高校2年での北米研修プログラムを柱として、交換留学、国連世界高校生会議への生徒派遣、シンガポールでのイマージョンプログラム実施、アメリカのデイトン・ワラワラ・ヤキマ・パスコ各市及びカナダのアルバータ州の高校生に対するスカラシップ提供などを行っています。

国際交流一覧

  • オーストラリア・ホームステイの画像

    オーストラリア・ホームステイ

    中学3年生が全員参加するオーストラリア・ホームステイを2002年度より行っています。11月初旬、6泊7日(機中泊前後1泊含む)の日程で、オーストラリアのシドニー地区・メルボルン地区・ゴールドコースト地区でホームステイを行うプログラムです。このプログラムは、本校の国際交流活動の第一歩であり「総合的な学習」の一環として、また中学1年からのEnglishの授業の仕上げとしての意味があります。

    詳細 >

  • 北米研修プログラムの画像

    北米研修プログラム

    高校生が全員参加するカナダ、アメリカへのホームステイを1969年度から行っています。現在では、高校2年の4月中旬、15泊16日の日程で、高校1年次のクラスごとに、カナダ、アメリカの都市へ、2名1組で2週間のホームステイを行っています。日本の文化紹介やパフォーマンスを行ったり、現地の学校が企画する行事に参加したり、世界を肌で感じることができる2週間となります。

    詳細 >

  • 国連世界高校生会議の画像

    国連世界高校生会議

    1992年に、国連国際学校より、”第17回国連世界高校生会議”への招待状が山手に届きました。国連の本会議場で、世界から集まった20数ヶ国、400名以上の高校生が、その年のテーマについて英語でディベートします。1993年以後、毎年数名の代表を派遣しています。およそ学年末の3月に開催されます。

    詳細 >

  • 留学の画像

    留学

    山手学院の留学制度は、次の2種類です。いずれも留学期間は1年間です。

    ①カナダへの交換留学
    カナダからの留学生を山手生の家庭でも預かる交換留学方式。留学先や通学する学校は本校の国際交流部が現地との連絡調整を行い決定します。
    ②私費留学(国・地域の制限なし)
    生徒・保護者が留学斡旋団体を通じて手続きし留学する方式。留学先は英語圏でなくてもかまいません。

    詳細 >

  • シンガポール イマージョンプログラムの画像

    シンガポール イマージョンプログラム

    中学3年・高校1年の7月末から2週間、シンガポールのACSインターナショナルスクールの授業に参加します。このプログラムは授業だけでなく、ディスカッション、プレゼンテーション、大学生との課題解決型アクティビティー、バディーとの寮生活などを通して、様々な体験とともに英語を学ぶ2週間の希望制プログラムです。9月には、夏に訪れたACSインターナショナルスクールの高校生が山手を訪れ、ホストファミリーを希望する中学3年生・高校1年生の家庭でホームステイを1週間行い、授業に参加します。

    詳細 >

  • ニュージーランド中期留学

    「中学で留学したい!」そんな願いを叶えます。中学3年の1月から4月初旬の3ヶ月間、ニュージーランド留学を選択することができます。ニュージーランドは南半球に位置するため、日本の極寒を避けてさわやかな夏へと向かうことになります。異なる季節で学ぶこの留学プログラムは、はじめの2週間はニュージーランド政府が公認する語学学校で、語学だけでなく文化や習慣、公共などの生活方法についても学びます。3週目からは現地の学校に編入し、計3ヶ月間を過ごした後に帰国し、高校入学式を迎えます。15歳という柔軟な時期に、保護者の元を離れ、自らの力でホストファミリーやクラスメートと英語でコミュニケーションを図る留学プログラムは、6年一貫だからこそ選択できるプログラムの一つです。

Page Top:このページの先頭へ